口唇ヘルペスや性器ヘルペスの再発を防ぐためにもバルトレックスは頼りになる薬です。しかし副作用もあるので、間違った服用方法をしないように気をつけましょう。

  • ホーム
  • 危険!バルトレックスで稀に起こる重篤な副作用

危険!バルトレックスで稀に起こる重篤な副作用

心配している男性

唇や口の周りに発疹や水ぶくれがあったら、それはヘルペスウイルスが原因かもしれません。
口唇ヘルペスと言います。性器周辺にできるのであれば性器ヘルペスです。
その際に処方されるのがバルトレックスです。
主成分のバラシクロビル塩酸塩がウイルスの増殖を抑えてくれるため症状が治まるのです。

ただし、バルトレックスにはヘルペスウイルスを完全に根絶やしにさせる効果はありません。
ヘルペスウイルスは神経節にもぐりこんでしまうため今の医学では完治させることができないのです。

そのため、できれば個人輸入などでまとめ買いして常備薬として持っておくことをおすすめします。
免疫力が落ちたときなど何度もヘルペスは再発します。
そのたびに病院に行くのは手間ですし、薬代も馬鹿になりません。

バルトレックスは副作用の少ない、優しい薬です。
とはいえ、やはりウイルスを抑えるだけの力を持つ薬ですから、副作用がまったくないとはいえません。
頭痛や吐き気・下痢・めまい・むくみといった症状が起こることもないわけではないのです。
ただし、どれも軽いもので日常生活を脅かすような重篤な副作用が起こる危険性は低いのでそこまで恐れる必要はありません。

危険なのは、少しでも早く治したいから・バルトレックスは副作用が少ない薬だからと自己判断で薬の量を増やした場合や、誤った使い方をした場合です。
そうすると、呼吸困難やアナフィラキシー・まぶたや唇や舌の腫れといった重篤な症状が起こる危険性は高まります。
必ず用法用量を守って使用するようにしましょう。
なにかあればすぐに使用をやめて、医師の診療を受けるようにしてください。

血小板が減少して血が止まりにくくなり鼻血や歯茎からの出血が起こることもあります。
けいれんや痺れ・幻覚など精神系症状が悪化することもあります。

体質は人それぞれなので、場合によっては用法用量を守って使用していたにも関わらず危険な副作用が出ることも、油断は禁物なのです。

通販で買ったバルトレックスで出た副作用の対処法

バルトレックスを通販で個人輸入して手に入れる方法は便利です。
わざわざ病院に行く手間も省けますし、性器のヘルペスの場合には性病の一つとされますが恥ずかしい思いをすることもありません。
24時間いつでも注文可能で、診察料がかからない分お値段的にもお得です。
忙しい毎日を送る現代人にとって通販での薬の購入と言うのはとてもありがたい存在なのです。

ただし、通販購入は副作用の危険性も高まります。
実体が見えないインターネットのサイトを利用する以上は成分がきちんと入っているかどうか・清潔な環境で作られているかどうかなど、どれも不透明です。
日本で作られたものであればある程度の水準以上のものとなっていますが海外製バルトレックスであればまったく分からないのです。

たとえ信頼できるサイトを利用して手に入れたとしても薬に対する知識が素人で、ただなんとなく服用するのであれば併用禁忌薬やどのようなことに注意して飲まなければなりません。
このような注意点をまったく気にせず使用している危険性もあります。
なにかあったら自己責任ですので、気をつけてください。

もしも何らかの症状が出たらすぐに使用は止めたほうがよいでしょう。
早めに病院に行き、診てもらってください。
バルトレックスの副作用として多いのが頭痛や眠気です。
服用後は運転や高所での作業は避けて、できれば無理することなく自宅で横になっておける環境を作っておきましょう。

ヘルペスだけでなくバルトレックスは水疱瘡の薬としても使われます。
小さなお子さんの場合、身体の機能が未発達な分、副作用の危険性はより高まります。
だからこそとにかく安さを求めるよりも安全性の高い病院での処方されたものを使用した方がよいでしょう。