口唇ヘルペスや性器ヘルペスの再発を防ぐためにもバルトレックスは頼りになる薬です。しかし副作用もあるので、間違った服用方法をしないように気をつけましょう。

  • ホーム
  • ミノサイクリンは睡眠に影響をもたらす?

ミノサイクリンは睡眠に影響をもたらす?

ミノサイクリンとは、細菌の増殖を抑える働きのあるテトラサイクリン系の抗生物質です。
主に細菌による感染症の治療に用いられています。

ミノサイクリンは色々な細菌に対して効果を発揮するので、幅広い診療科で使用される薬です。
皮膚感染症や呼吸器感染症、目・耳・鼻の感染症、泌尿器の感染症などの治療に使われます。
ミノサイクリンは、蛋白合成阻害薬という薬に分類されます。
細菌が生育するために必要となる蛋白質の合成を初期段階で阻害する作用があります。
蛋白質が合成されないと新しく細胞を作るための蛋白質が供給されなくなるので、結果的に細菌の増殖が抑えられることになります。
通常の量を服用すると、細菌の増殖を抑える静菌作用を期待することができます。
高濃度の量を用いると、細菌を死滅させることができます。

ミノサイクリンは様々な細菌に効果的なので、今まで汎用されることが多かった抗生物質です。
しかし、ミノサイクリンに耐性を持つ耐性菌が増え、他の種類の抗生物質も登場したことからミノサイクリンが使用される頻度は減ってきています。
ただ、他の種類の抗生物質が効かない細菌もあるので、そういった際に重宝されています。

ミノサイクリンは、重い副作用が出ることは滅多にありません。
服用すると眠気が生じるなど睡眠に影響を与える薬も多くありますが、ミノサイクリンは睡眠に影響を与えることはありません。
ただし、人によっては頭痛・めまい・腹痛・吐き気・下痢・発疹などの副作用が現れることがあります。
その中でも下痢は、静菌作用によって腸内の常在菌のバランスが崩れるために起こると考えられています。
医師に相談すると、整腸剤などで腸内環境を整える治療を受けるのが一般的です。

また、ごくまれにですがアナフィラキシーショックや皮膚障害、肝機能障害といった重い副作用が現れることもあります。
その際には、服用をすぐに中止して医師の診察を受けなければなりません。

ミノサイクリンは牛乳で飲んでも大丈夫?

ミノサイクリンは、牛乳とは併用禁忌とされています。
その理由は、牛乳と一緒に服用することで薬の効果が低下してしまうからです。
牛乳だけではなく、チーズやヨーグルトといった乳製品も同様とされています。
牛乳や乳製品を口にする際には、薬の服用から1時間から2時間程度時間を空けてから摂取する必要があります。

また、ミノサイクリンには併用禁忌とまではいかないものの、飲み合わせに注意しなければいけない薬が複数あります。
カルシウム剤や鉄剤、アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬などです。
カルシウム・鉄・アルミニウム・マグネシウムといった金属と一緒に服用すると、薬の効果が弱まってしまいます。
ミノサイクリンの成分と金属イオンが結びつき、腸から吸収されにくくなるという理由からです。

それからミノサイクリンを服用する際には、十分な水で服用する必要があります。大体、コップ1杯程度の水が必要です。
薬の成分の血中濃度が一定に保たれることによって効果を発揮するので、用法や用量は医師の指示をきちんと守ることが大切になります。
症状が軽くなったからといって、自己判断で服用を止めてしまうのは危険です。
症状が悪化してしまうこともありますし、耐性菌を作り出す原因にもなってしまいます。

ミノサイクリンは、妊娠中や授乳中は服用を避けた方が良いとされています。
妊娠中にミノサイクリンを服用すると、お腹の中の赤ちゃんに一過性の骨発育不全や歯の着色といった症状が現れることがあります。
特に2週間以上服用を続けると、これらの症状が現れやすくなります。
授乳中も母乳を通して赤ちゃんに薬の成分が運ばれてしまうので、薬を服用する必要がある場合には授乳を中止するのが望ましいとされています。